月別アーカイブ: 2014年3月

顔の産毛で顔のトーンが変わります

私は腕などにはほとんど産毛が見当たらないのに顔の産毛が濃くて、 顔用カミソリを常時、用意しておかなければなりません。

前髪は下げていますが、おでこの髪の毛を上にあげると髪の毛の 生え際から眉毛に向かって産毛がすごくて、カミソリで剃らねば なりません。

それに、こめかみのところやもみあげのところ、

そしてなんと言っても 鼻の下の産毛が濃くて、

放っておくとヒゲが生えたような感じに なってしまうので、気づいたときにはいつもカミソリで剃るように しています。

白人の女性で金髪の人は産毛を剃らない人がほとんどだと聞き ました。

 

産毛も金髪なので、目立たなくてまるで桃のような感じの産毛に なるそうです。

しかし、黒髪の日本人の私は産毛が伸びて来ると顔のトーンが暗く なってしまうので、

ファンデーションを塗る前には産毛の処理を ちゃんとするようにしています。

眉毛と眉毛の間の産毛も気になるので、きちんと剃るように しています。

顔全体の産毛を剃るのは2週間に1回くらいの割りあいですが、 鼻の下の産毛はもっと頻繁に、気になったときにはいつでも剃る ようにしています。

顔の産毛がなかったらどんなに顔のお手入れが簡単だろうと 思ってしまいます。

 

今は顔の産毛も脱毛できるみたいだし、自分も検討している所です。

お値段もお安いので、本当に悩んでいる人は顔脱毛してみてもいいかもしれないですね。

 

色々調べてみて、お試しにいいなって思ったサロンは

エピレでした。

顔全体を2回脱毛できて6,000円というお値段・・・。

個人的にはすごいいいなっておもいました( *´艸`)>>顔脱毛エピレ

 

 

仕事のアイディア

仕事のアイディアはどうやって思いつくのかと、よく聞かれますが、直感です。
勿論普段から様々な物を見て、自分の心の中に入れ、加工し、完全に自分の物になってから、仕事として出てきます。
絶えず、美しいものや芸術に触れていたいです。
この世から芸術が無くなったら、生きている意味がありません。
芸術とは、なにも陶芸品や絵画だけでなく、自然の美しさや、

 

人間の心象の美しさ、ただの水色、といった色ですら捉える人によっては芸術となります。